避妊は相手任せじゃなく女性自ら出来るのが低用量ピル

ピルを使ってるのは何か特別なような事のようでしたが、現在では思った以上に使っている人も多いようです。しかし…それでも海外に比べたらまだまだ少ないでしょう。それはなぜでしょうか?きっとピルがどんな物なのか?避妊以外の効果についても知らない事が多いのでしょう。女性はしっかりと認識しておくべき医薬品です。

*

低用量ピル「トリキュラー」が避妊薬なのはなぜ?

「トリキュラー」は低用量ピルの1つです。

女性が希望しない妊娠を避けるために服用する経口避妊薬です。一般的で有名な避妊方法としてはコンドームの装着ですが、必ずしも使用するとは限らなかったり使用していても失敗する場合もあります。ピルは、万が一の事があっても女性が自分の身を守る事が出来るお薬です。

トリキュラーは100%に近い避妊率

トリキュラーなどの低用量ピルは、指示された用法通りに正しく服用する事で、ほぼ100%避妊の成功率が高いです。

低用量ピルは、卵胞(エストロゲン)と黄体(プロゲステロン)の2種類の女性ホルモンの成分が配合されています。ピルを服用するとこで、エストロゲンとプロゲステロンが分泌されている状態になり、排卵が抑制される仕組みとなっています。したがって脳が妊娠しているのと同じ状態であると勘違いして、排卵を抑えるのです。これらの仕組みゆえに避妊薬として成立しています。

婦人科系の病気にも効果がある

服用方法は1日1回1錠を、月経開始時から決まった時間に服用します。

28日間を1クール1シートとなり21日間はホルモン剤が含まれた錠剤を服用します。残りの7日間は休薬期間となり、7日間の休薬期間が過ぎた翌日から新しいシートを開始します。飲みわすれが発生すると、効果に影響が出るので、注意が必要です。

低用量ピルは避妊目的に使用されていると知られていますが、避妊目的以外の月経困難症や月経不順、、子宮内膜症やにきびなどの症状にも効果があり使用されます。体内のホルモンバランスが整うので、婦人科系の疾患で悩んでいる場合は1度リセットして体内を整える事で、症状が改善されます。

トリキュラーは順番通り飲む事が大事

また低用量ピルには、ホルモン量が一定の一相性、2段階に分かれている二相性、3段階に分かれている三相性があります。トリキュラーは3段階に分かれている三相性の部類に入ります。三相性は人間本来のホルモン量に一番近いので、初めてピルを服用される方はトリキュラーを処方される場合が多いです。

また3段階に分かれているピルはシート内で飲むべきピルの順番が決められているので、必ず順番通りに飲みわすれなく服用しなければいけません。

トリキュラーなどの低用量ピルは、婦人科などの医療機関で処方してもらう事が可能です。しかし保険診療適用外となり、自費診療になるので医療機関によって費用が異なります。ピルの相場費用は1シート2000~3000円です。ほぼ100%の避妊を考えておられる方は、コンドームと合わせて避妊薬を使用される事をおすすめします。

公開日: