アフターピルって聞くけど…低用量ピルとは何が違うの?

アフターピルという変わったピルの名前を耳にした事がある女性は多いかもしれません。

昔は一部の方しか知らなかった医薬品ですが、今では広く大衆向けに処方されています。インターネット等のツールが発達した結果、色々な方々のライフスタイルが自然と耳に入るようになったのです。健康管理のためと低用量ピルを愛用する女性は多いですが、アフターピルは基本的に低用量ピルとは別物です。

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれる

アフターピルとはセックス後に飲む特別な医薬品になります。別名緊急避妊薬とも呼ばれており、普通だと困難なセックス後の避妊対策を可能にします。

お相手の男性がコンドームをしてくれなかったり、膣内でしていたつもりで射精した後に利用していたコンドームの破損に気づいた、更には運悪く危険日にセックスしていた事が翌日判明した、そんな時でもアフターピルなら事後的に望まない妊娠を避けられます。じっくりと女性ホルモンを補給する低用量ピルとは対照的にアフターピルは一気に女性ホルモンの値を高める特徴を持っています。
パワフルな形で女性ホルモンを高める事で精子の着床を強力に妨害する事がアフターピルの役割であり、内服用の医薬品ですので飲み方を失敗する事はまず無いでしょう。

普段からコツコツ飲み続ける低用量ピルとは使い方がそもそも異なります。

セックス後の72時間以内に服用

セックス後、72時間以内に飲む事でほぼ100%の確率で避妊の効果を得られますので、めまいや睡魔、生理痛のようなお腹の痛みが後で出て来るといった体調の変化を我慢してでも飲むべき医薬品です。

ポイントは時間であり、セックス後の失敗に気づき次第出来る限り素早く服用するのが明暗の分かれ目になります。72時間のリミットを過ぎてしまっても一応効果は期待出来ますが、確率が時間経過と共に下がってしまいますので、専門家が推奨する72時間以内に利用するのが大原則です。特に経済的、精神的に自立出来ていない若者は妊娠がきっかけで人生計画が大幅に壊れてしまいます。

主流のコンドームも失敗の可能性は高い

最近のコンドームはとても頑丈で、激しくセックスに励んでもそう簡単に壊れる事はありませんが、元々不良品のコンドームを利用してしまったり、利用期限が過ぎてしまっているものを使えば、やはり正常位や騎乗位をアグレッシブに楽しむ過程で破けてしまいます。

男女双方ともコンドームを利用しているので膣内で射精してしまっても妊娠する事はない、という安心があります。普通の場合だと安心ですが、もしコンドームが激しいセックスで破損していれば、破けた穴から精液が膣の奥まで流れこみ、その日が妊娠しやすい周期だった場合、精子が運悪く着床してしまいます。

コメント

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です