避妊は相手任せじゃなく女性自ら出来るのが低用量ピル

ピルを使ってるのは何か特別なような事のようでしたが、現在では思った以上に使っている人も多いようです。しかし…それでも海外に比べたらまだまだ少ないでしょう。それはなぜでしょうか?きっとピルがどんな物なのか?避妊以外の効果についても知らない事が多いのでしょう。女性はしっかりと認識しておくべき医薬品です。

*

低用量ピルの「トリキュラー」は個人輸入でも安心して購入出来る

   

低用量ピルのトリキュラーは日本国内では通常、婦人科などの医療施設や病院で診察してもらった上で、処方せんをもらってからでしか購入することが出来ない医薬品です。
しかしインターネットで個人輸入のサイトを使えば、通院や処方せんがなくても低用量ピルのトリキュラーを手に入れることが出来ます。

代行サイトを使えば語学力がなくても問題ない

個人輸入というと英語が読めないといけないとか、外国の決済方法が必要だとか、英語で取引をしないとだめなんじゃないか、とか難しそうなことを想像してしまいますが、実はそのようなことはまったくせずに簡単に利用が出来るサイトもあります。

海外のサイトでも日本語対応しているところも多くあるため、日本のインターネットでの買い物のように難なく利用することが出来ます。また、個人輸入の代行サイトもあり割安で低用量ピルを購入することが出来ます。

決済方法も選べるので便利

決済方法は日本で利用しているクレジットカードやペイパルなど、簡単に利用が出来る方法が用意されているので誰でも安心して買い物をすることが出来ます。

また「偽物が送られてくるんじゃないか」などの心配もあるかもしれませんが、海外だからといってそのような確率が上がるということは全くありません。海外の大手の信用の出来るサイトなので、確実に本物が送られてきます。

海外発送なので注文から到着までは日本国内の買い物よりも少し時間はかかりますが、大抵は注文から1~2週間ぐらいで商品を受け取ることが出来ます。

服用を続けるなら個人輸入が割安

低用量ピルは安全な薬ではありますが合わない体質の人もいるので、まず最初は病院で診察を受けてから、ピルをもらうことをおすすめします。きちんと医師の指導に従い服用しましょう。

最初の慣れない間は女性ホルモンを薬で増やすため、頭痛や吐き気や気分の落ち込みなど体調が安定しないこともあるかもしれないので、問題が起きたときにはすぐに医師に相談が出来るように、通院しながらピルを服用し始めることをおすすめします。

薬に慣れると何の問題もなく女性ホルモンの量を安定させることが出来る薬なので、服用している方が体調が整う場合が多いです。

低用量ピルが自分に合っていることがわかって継続的に服用しようと決めた場合は、個人輸入の代行サイトで購入した方が割安に、安全な薬を購入することが出来ます。6か月分などまとめ買いも出来るので割安で購入が出来、通院の手間と時間もかからないのでとても便利です。